出会い系に本登録してみた

「なになに、“本登録には身分証明書を写メで撮って送ってください”か。本登録しないと全部の機能使えないみたいだし、送ってみるか。」
私は独り言を言いながら、お財布から保険証を取り出し、それを携帯電話のカメラで撮影しました。
それをサイト宛に送信すると、すぐにサイトからメールがきました。
「下記のURLから本登録を完了させてください、ね。」
最近の出会い系は手が込んでるな〜、と考えながら、私はメールの指示に従い、サイトへアクセスして本登録を終わらせました。
そして、“本登録完了!ピュア・ラブでいい出会いを!”と表示されたのを確認すると、早速サイトを見てみることにしました。
それが出会い系という名の底なし沼へと足を踏み入れた、第一歩となりました。
「ふぅん・・・掲示板ってのがあって、そこに書き込みすれば相手からメールを送ってきてくれるのか。お、プロフィール検索ってのもある。」
私は、ただなんとなく、本当にちょっとした気まぐれで、プロフィール検索の欄の名前のところに、『りょうた』と入れてみたのでした。
「さすがにりょうたって名前の人は多いな〜。ん?さらに詳細な検索?おぉー!これで住んでいる地域とか選べるのか〜。」
何気なく住んでいる地域を入れて、年齢も入れてみて、再検索してみました。
どうして、この時こんなことをしたのでしょう・・・今思い出してもあの時の自分を殴りたくなります。
余計なことはするもんじゃない、知らぬが仏という言葉があるだろう、と自分に向かって説教したい気分です。
そもそも、なぜあの時出会い系に登録しようと思ったのか、それは自分でもわかりません。
「検索結果。2名該当ね。」
一人目のりょうたさんは、もちろん私の全く知らない人でした。
そして、もう一人のりょうたの名前をクリックして、プロフィールを表示した瞬間、私は自分の目を疑いました。

出会い系サイトにアクセスしてみた

りょうたは、大学に通うために地方から出てきており、実家は新幹線でないと帰れないところにありました。
私は「わかった!なんだか大変そうだね(/ω\) 連絡待ってるよ。」と返事をして、そのまま図書館へ出かけました。
私はなんとお気楽で馬鹿だったのでしょう、りょうたを疑うということもしないで。
いや、私の中で、りょうたが裏切るはずがないと漠然と思い込んでいただけでした。
彼が本当はどんな人間だったのかを、知ろうともしていなかったのです。
図書館へ行ったものの、なんだか集中できなくて、早々に勉強を切り上げて帰ってきました。
ぼんやりと携帯電話を眺めていましたが、彼からの連絡は、その日一日ありませんでした。
私は暇だったので、ケイコに教えてもらったサイトのことをふと思い出し、そこへアクセスしてみました。
そこでやっと、私はそのピュア・ラブが出会い系サイトであるとわかったのです。
世間で、出会い系サイトの特集が組まれているニュースを放映していたり、新聞で事件を見たりなど、出会い系という文字を見かけることが増えてきていたので、その時になって初めて、自分が出会い系サイトにアクセスしていると認識しました(それほどまでに、私は世間のことに疎かったのです)。
別に利用するわけではないし、お金もかからないみたいだから、覗いてみるだけ見てみようと思い、サイトを見ていました。
「へぇ・・・、最近の出会い系ってすっごいしっかりしてるなぁ。」
初めて閲覧する出会い系サイトに、なんだか私はいけないことをしている小学生のような気分になっていました。

とりあえず仮登録してみた

前にもエクササイズを紹介してもらったケイコから教えてもらったURLだったこともあり、特に変なことはないだろうと、私は何も考えずにアクセスしました。
「ピュア・ラブ・・・?」
そのサイトは日本国内でも最大級と言われている、超有名な優良出会い系サイトだったのですが、世間に疎い(というより無知だった)私は、そのサイトがどのようなものかわからないまま、画面の案内に従って、自分のプロフィールを作成していきました。
「えーっととりあえず名前・・・チャットのハンドルネームと同じ真鈴でいいや。」
私は深く考えないまま、記入項目を埋めていきます。
「なになに、“これで仮登録は終了です。サイトからのメールに記載されたURLより本登録を行なってください”・・・なんだこれ?」
どうせブログのようなものだろうと、仮登録したのはいいけれど、めんどくさがりな私は、そのままサイトのことを放置していました。
パソコンはよく使うけれど、それほど携帯電話に固執していない私には、出会い系サイトへの登録なんぞ、すぐに忘れてしまうほどどうでもいいことでした。
そもそも、日記などのこまめに付けるようなものは、元々苦手だったので、あの有名なSNSであるmi○iや、芸能人もやっているというtwitt○rのアカウントすら持っていませんでした。
そんな私が、せっせとこまめに出会い系サイトにアクセスし、男性を漁るようになるとは、その当時は思いもしませんでした。
そして、時間は流れていき、私は短大に入学しました。